2017 / 08
≪ 2017 / 07 - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - - 2017 / 09 ≫

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

公私共に、妙に忙しい6月を送っております

同志社継志館でのコンサートが無事終わって半月程経ってしまいましたが、
演奏した曲目の覚書など…


♪匠(劇的ビフォーアフターより)
♪花
♪リベルタンゴ
♪見上げてごらん夜の星を
♪lullaby for Yesterday-過ぎゆく時に-
♪アイ・ガット・リズム


中でも、リベルタンゴとアイ・ガット・リズムが楽しかった☆
どちらもリズムが大事な曲。
前後の曲相からガラッと変えて、ノリノリで吹く必要がありますが、
それが、奏者にとってもいい刺激でした。

満員のお客様にも、私達の楽しい気持ちが、上手く伝わったかなぁ…


3人とも、ドレス新調で臨んだ今回の営業☆楽しく終えられました。
演奏後に頂いた「八重の桜」の樽酒も、格別でございました
スポンサーサイト

ルーツのオータムコンサートが無事済みまして早や一週間。
おかげ様で、小さい会場でしたが沢山ご来場頂き、
今回も(打ち上げを含め)大変楽しい本番となりました。

こそっと告知してましたが、今回、
バンドの皆が沢山休憩できるように、フルートの二人で何か一曲繋いどけ
と、言われましてデュオで一曲やらせて頂きました

やったのは、

日本の四季 メドレー
「故郷」「花」「夏の思い出」「赤とんぼ」「雪」


懐かしのペリカンさんでも、何度かやらせて頂いた曲です。

とはいえ、今回は初めてピアノ伴奏付
中々ピアノと合わせる練習ができず、本番直前で何とかなった感じでした。

直前リハでバンドのメンバーに公式にお披露目
指揮のS先生に「いいですね」と褒められたものの、
本番はあがるのが怖くて極力客席を見ずに演奏
なんか行動が怪しかったんじゃないかと、今でも心配です

演奏は、私的には大きなミスもなく、無事こなせただけで大安堵でしたが、
先生には「リハの方が良かった」とダメ出され
でも、他の皆には「癒された~」とも言ってもらえて、
あの場所でこの曲を演奏出来てよかった、と思いました。

つたない私をフォローしてくれたYUKAちゃんにも、
ステキな伴奏して下さったK先生にも、大感謝です


すご~い曲、圧倒するような曲、色々あるけど、
こういう、シンプルな、皆が知っていて心に響く曲って、やっぱり大事ですね。


吹奏楽好きの方なら、誰でもご存知「ディスコ・キッド」
おぉ~むかしのコンクール課題曲です。

私はこの曲が本当に本当に好きでして、
もう一度この曲をやりたい一心でに吹奏楽に戻ってきたようなものです。

所属楽団のひとつは、毎年のコンサートのアンコールがコレでして、
ソレに釣られて入団したような次第です

愛され続けてウン十年、色んな編曲バージョンがあるのはご存知でしょうか?


で、あるんですよ。フルートアンサンブル編が、ね

そりゃあもうムズい
何せフルート4本だけで、ベースラインも、クラのソロも、ホルンやユーフォのオイシイとこも、やるんですからね
シロウトが迂闊に手ェ出しても、笑い取るだけ?

でも、大好き
アンサンブルのチャンスがあるたびに楽譜持参無理やりにでも皆に吹いてもらいます
そして、私のお仲間たちは、結構いいセン行っちゃうんだなぁ~


いつか、これをお客さんに聞いてもらえるレベルまで育てて、どこかで演りたいなぁ
育たんでも、笑い取るのも、アリかも?


ふわりんこ♪まゆみ

ライブさせてもらっているのが、素敵なちょっと昭和な感じの喫茶店なので、
演奏する曲も、お客さんの耳馴染みのいい、日本の歌や世界の民謡などが多いです。

でもね、やっぱりガッツリクラシックもやりたいわけですよ

で、今鋭意練習中なのが、


「ソナタ ~二つのフルートのための~」 C.F.HAENDEL作曲
Ⅰ.Andante Ⅱ.Tempo Guisto Ⅲ.Lent Ⅳ.Allegretto



これも、YUKAちゃんの手持ちの楽譜。2本のフルートの掛け合いが、とても美しい曲です
でも、さすがバロックニュアンスつけるのがとっても難しい

二人して一生懸命参考になる音源を探しているのですが、まだ見つかってないんです


やればやるほどハマる曲何とかふわりんこの持ち歌?にしたい~
どなたか、何か情報お持ちの方いらしたら、ぜひ教えて頂きたいです~



ふわりんこ♪まゆみ

7月に初めてライブやった時から、毎回演奏している曲。

「心の窓にともし灯を」 中田喜直作曲


相方YUKAちゃんが見つけてくれたフルートデュオの楽譜。
ちょっと暗い目の哀愁漂うメロディー。
素敵な編曲なんやけど、二人とも、聴いたことのない曲でした。

中田喜直さんって、童謡とかで有名な方やし、やっぱり童謡?それとも演歌?


で、ちょっと調べてみました。

「心の窓にともし灯を(こころのまどにともしびを)とは、1959年に発表され、翌1960年にリリースされたザ・ピーナッツの楽曲である。当時は洋楽カヴァーを主としていたザ・ピーナッツのオリジナルソングの初期の作品である。」(Wikipediaより引用)

ですって ちょっと吃驚
ザ・ピーナッツと言えば、私にとっては「モスラぁ~やっ♪」の人たち。後の歌はほとんど知りません


詳しい歌詞までは調べられへんかったけど、希望を持とう!的な歌らしい。
あの哀切なメロディーに、どんな希望に向かう歌詞が付いているのか、興味は尽きません



ふわりんこ♪まゆみ


ふわりんこ♪まゆみ

Author:ふわりんこ♪まゆみ
京都のとある楽団で知り合ったお母ちゃん2人が意気投合☆
アンサンブルでライブ活動を初めました!
2013年には新メンバーも参加でトリオに♪
ほんわかした雰囲気を楽しんでくださいませ♪





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。